西表島のゆーにんがい

ユーニンガイ。
田ウビじらーの一番じらー。
何年うたっても、難しい古謠。
でもさすが長老方〔シジャーカタ〕は空でうたわれている。
大きな音で稲を驚かさないよう、この時期は太鼓も禁止、拍手すら禁止。
じらーをうたえば、田んぼに肥料も要らないとか。

 

https://www.facebook.com/deto.tsukumo/videos/1627090924013104/?t=24

西表島ガイドへの道(ゆーじのトレーニング開始)

201804221

 

朝から新スタッフ、ユージのトレーニング開始!
いきなり沈。
ひっくり返るよね〜、そりゃ。
トレーニングだもの。
片手では足らないぐらいひっくり返って、セルフレスキューすらも、またトレーニングの一部です。

 

西表島のグッドアウトドアに新顔です!

20180420

 

待ちに待った新スタッフ!
ようやく西表島に到着です。
3月のドタキャン事件のことがあるので、彼も実際に来るまでは心配で、みなさんには報告遅れてしまいました。
その節はシェア、ご紹介など大変お世話になりました。
ありがとうございます

新スタッフのユージ、飄々としたなかなか良いキャラです
何と言っても名前がユージ。
ユージという名前をいただく人間はクセが強い!!
どんなガイドに育つのか楽しみです。
しかもカヤック経験が一度もない真っ新くん。
へんな癖がないのは、教える側としてはありがたいことです。教え甲斐ありますから!

とは言え、このユージ、別の夢もあり、おそらくは今シーズン限定。
残念ですが、これもしょうがないこと。
それでも、いっぱしのガイドになれるように、バッチリ指導していきます!
今シーズンお越しになられる方は楽しみにしておいてください!!

また、引き続き、スタッフ募集は続けていきます。
身近によい青年などおられましたら、ぜひご紹介を!!

 

 

西表島の気候

201804181

 

事務所にために溜め込んだかっての道具やら書籍やら衣類やらを大断捨離。
ついでに気分一新、模様替え。
で、物置の奥から出てきたのは今は懐かし、起業当時のソーテック。
開いてみると…
なに?この老人の肌のような…
モニターが加水分解しとる…
仕舞って十数年。
恐ろしや、西表島の気候。

春の西表島シーカヤックマラソン大会

20180413

本日開催された春のカヌーマラソン@トドゥマリ浜、11月開催予定のシーカヤックマラソンのプレレースとしての役割もあったレースですが、誰一人怪我もなく無事終了しました!

僕は最後尾からのレスキューカヤックという役回りで、みんなの無事を確認しながらレースとは関係なく漕ぐ予定でしたが、そのことをよくわかっていなかったのか、MCを務めたまんさくの突然の煽りもあり、え?俺、ちゃんと漕がないといけないの?となぜか選手と同じコースを漕ぐことに。
腰も肩も肘も手首も全部痛いです。笑
まあ、でもその方がみんなの頑張りも肌で感じられて楽しかった!

結果はラーメン片桐の片桐さんが、ショートスプリントもロングもダブルで制覇。
こういうレースで俄然張り切って実力を解放するあんちゃんは惜しくもダブル準優勝。
大健闘です。

ごくごく少人数のプレレースでしたが、前回の白浜港スタートのレースと違って、ほぼ全行程を観客が観戦することができ、応援しやすかったことなどもあり、かなり盛り上がりました。

プレとしては、準備に始まり、コース取り、白熱したレース展開、応援、段取り、表彰式など、かなりいい感触でした。
ただ、11月は北風となり、ここトドゥマリ浜では難しいかもしれません。

さてさて、11月はどこで?どんなふうに?
これからまだまだ詰めて話し合っていかなくてはならなさそうです。

楽しみです。

 

 

201804131

長女の入学式

20180410

 

離れて暮らす長女の中学校入学式だった。昼間、お祝いの言葉を留守番電話にメッセージで残しておいたら、夜遅くに長女から電話があった。

前回の電話では、どこか不機嫌な様子で、会話も大して弾まぬまま終わった。思春期だからなぁ、しょうがないかと寂しい思いをしたのだが、今日の彼女は、僕がよく知るそのままの彼女だった。

フクちゃん?
彼女の声を聞いた瞬間に、僕は父ちゃんからパパに変わる
外に出た。
星空の下、久しぶりに電話で繋がったフクとパパ。

背は伸びた?
制服は気に入った?
仲のいい友達とは一緒のクラス?
何部に入るの?
教科書は眺めてみた?
聞きたいことがたくさんある。
その一つ一つにユーモアを交えた返事を返してくれるフク。頭のいい子だ。

中学生になったら、たくさん勉強しなきゃいけないけれど、何は出来なくとも、英語だけは得意でいようね、パパも今、外国からのお客さんがたくさん来て、一生懸命に英語でお仕事してるよ、英語はきっとフクの人生を豊かにするよ、そうだ、どっちが英語上手になれるか、競争しよう、フクが大学生になったら、一緒にハワイに旅行しよう、そしてどっちが上手いか試してみようよ。

いいよ、でもフクの方が絶対に上手になってると思うよ。
そう笑ったフクの笑い声がたまらなく好きだ。

遠い約束。
でもそんなに遠くない。
あれから6年経った。
あとたった6年。
もうすぐ大人になる。
そしたら、自由にパパと旅行だって出来るだろう。

明日、寝坊したらパパのせいだからね。

女の子らしい憎まれ口も堂にいっている。
そうだね、早く休まないとね、電話の向こう、さらにお姉さんになったであろうフクの顔を想像する。
心の中で明日からのフクにエールを送って、おやすみなさい、と電話を切った。

繋がっている。
星空の下のフクとパパ。
変わっていく二人の時間。
でも心の中にある変わらないあの時間。
フクの中のパパ、パパの中のフク。
遠い約束。
だけど約束。
いつか。

 

 

西表島シーカヤックマラソン

20180408

 

4月13日、西表島でシーカヤックのレースがあります!
秋の本大会に向けての練習的な要素と、各種パドラーの交流会を兼ねており、和気あいあいと出来たらと思っております。
まだ、若干名、エントリーに余裕があるようですので、島のガイドの皆さん、あるいはアマチュアパドラーの皆さん、ぜひぜひ一緒に漕ぎましょう!
自艇のない方、シーカヤックは無料で僕の方からお貸ししますので、お気軽に!

西表島に住むこと

20180405

 

ツアー仕事もなくなったので、いっぱいあるはずの事務仕事はほったらかしておいて、やっとこさ海へ。
なんでこんな美しい時間を置いておけるものか。
こんなふうにしたくて移住したんじゃなかったか?
忘れてた。なにかに追われて。
忘れちゃってる。みんなみんな。
美しい海も空も緑も風も、そして時間もすべて貸切。
時間って呼ぶのはやめよう。間はやめよう。
なにも無理やり区切らなくてもいいじゃない。
時感を楽しむ。
時を感じるそんな時を過ごして。