芋ほり

仕事が休みだったので家でゆっくりしていたら、娘を保育所まで送ってきた妻が言う。
「ごめ~ん!今日、保育所の芋ほりって言われてたの忘れてた!私、パン焼く準備してしまっているから、代わりにパパが行ってくれない?」

イモ掘り

というわけで行ってきました。保育所の芋畑へ。
どこの子供もさすが島の子。服が汚れるのも手が汚れるのも全く気にせず、芋の奪い合いです。みんなツメの隙間には泥が詰まって大変な感じ。うちのフクも一緒です。そんな中、少しだけえこひいきして、見つけた芋の頭をフクに掘らせてあげます。
今日来ている父兄の中では唯一の男親。
「パパ~!」となんだか嬉しげな娘の言葉がこちょばゆいですな。
しかし、みんなミミズ好きだよね。
両手にミミズ持ってどうやって芋掘るの?
オジイとオバアも芋掘り?
こちらは近所のオジイとオバア。
「そうか!今日は保育所の芋ほりか!わしらも明日、芋を掘ろう!」
そう言って、笑っていましたが、次の日、まだ芋は掘られていませんでした。
ゆっくりゆっくりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>