カヤックフィッシング2日目。

さて、今日は朝まずめを狙おうということで早朝出発。
7時には海に出た。
素晴らしい朝焼けと凪ぎの中、釣り始める。
が、アタリがない。
そのうちに風も波も出てきた。
時化る前に、とアカジンポイントに移動。
そこで、僕の竿にガツンとな。
暴れる魚を押さえ込むように力比べして浮いてきたのが、昨日嘉藤さんが釣ったのと同じサイズぐらいのアカジン!
が、水面に顔を出させてさあ、タモで取り込もうとしたところで、痛恨のリリース・・・・
写真もない。
風がドンドン強くなるので、そこは諦めて風裏へとカヤックを走らせる。

そして・・・
s-PA290552
昨日は一人ボウズの清水さん、嬉しいタマンをヒット。
ちなみに今日の清水さん、前日のあまりの釣れなさに、竿は嘉藤さんから借り、ルアーは僕の鯛ラバを借りる。リールも今日の朝急遽、僕が譲ってあげた新品のベイトリール。ラインも新品のPE1号を巻いてあげた。
よかったねえ。
この満面の笑み。

さあ、またしばらく釣れない時間・・・
が、
来ました。僕の竿に。
s-IMGP7646
竿がすごい角度で海底に突っ込んでいきます。
巻いてはラインを出され、巻いてはまたも出され・・・
すごいファイト。
重たい、重たい・・・
ふう!
疲れる!
この素晴らしいファイトと粘り。これはきっとガーラだろう!と思っていたら、海面下に赤い姿が・・・。
まさか!アカジン!?
と喜んだのもつかの間。
イヤ、違うぞ。
なんだこれ?
s-IMGP7651
アカナー(バラフエダイ)だ!!
s-IMGP7652
あっちゃあ・・・毒魚ですか・・・。
でも、とりあえず持って帰る。
アカナーはシガテラ毒で有名な魚。全部が全部ではないが、神経毒を持っていて、中毒すると水に触るだけでビリビリ手が痺れたりするそうな。
s-IMGP7654
どでかいね!
安心して食えないだけにちょっと複雑な記念撮影。
s-PA290556
村の先輩Tにいなら喜んでもらってくれるというので、Tにいのところへ。
見せると大喜び。
「これだけ太ってたら、当たらん!美味いさあ」
早速さばき始めるニイニイ。
「皮の下のこの脂、これは絶対大丈夫!」
そこへおじいたちがわらわら集まってきた。
「これは美味いぞ!」「いや、危ない!」
「いや、刺身では絶対当たらん!舌に乗せたらすぐ分かる!」
「煮付けは美味いけど、本当に危ないのよなあ・・・」etc
人それぞれ反応が違うのも面白い。
s-PA290565
気付くと、大皿、醤油にシーカーサーなどをそれぞれ持ち寄り、何時の間にやら宴会態勢。
意を決して、僕らもご相伴に預かる。
刺身は・・・・
白く、脂の乗った癖のない味の中、甘さと後味の爽やかさが光る。
美味い!美味い!
うん、舌にピリッとはしない。
きっと大丈夫!
だはず・・・・。

毒魚食っちゃったwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>