トレーラー修理

シーカヤック用トレーラー

 

昨年のサガリバナシーズン、スタッフがぶつけてベアリングがいかれてしまったトレーラー。
それ以来、ごくごく短距離でしか、カヌーを積んで走らないようにしていた。
JSCAの総会に出かける為に空いた一週間。
今こそ修理のチャンス!と整備工場に預けてきた。
ようやく。

かってスタッフ達が当てまくってきた車たち。
自損やら相手ありやら、修理にいくらお金をつぎ込んだか分からない。軽く100万は超える。
それでも、スタッフが全員巣立った現在、感じるのは彼らへの愛情と少しの寂しさ。

車をけっして当ててほしくはないけれど、小さなトラブルに悲鳴をあげ続けたそんな毎日がもう懐かしい。
成長に失敗はつきもの。
失敗の先の成長にこそ喜びがあり、バカだったなーとみんなで笑える穏やかなひと時があった。
みんな大事な子たちだった。
甘いと言われながらも、どうしてもビジネスライクにはなれず、スタッフ達はみんなかわいい家族と思ってきた。
だから巣立って行った彼らの活躍を喜びながらも、子離れ出来ない親の心境。

どこかにいないかな。
失敗も成功も一生懸命できる子。
グッドアウトドアでは、自分自身の成長を目指す若者を応援します。

車だけは当てないで欲しいけど。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>