月別アーカイブ: 2014年9月

孤独。

093001

昨晩は村の作業を終えてから、一人で西表カフェで行われていたDJナイトに行ってきました。
星空・・・
あいかわらず、この場所の星空はすごいね。

かかってた曲はレゲエダブ。
ras takashi 氏によるDJとピアニカの演奏。
静かでゆっくりとしたレゲエのリズムとメロディー。
かっこいいんですよ。
でもね、なんかね、心がぐわっとなる。
不安にさせる。寂しくさせる。逃げ出したくなる。

孤独。孤独。

満天の星の中にポツンと浮かぶあの三日月だ。
今の僕にはしんどかった。

西表島節の夜

092701 092702 092703j0927

世乞いの大役を終えたサバニたち。
県下でも他に類を見ない独特の形をした祖納だけの船。
満天の星のもと、その腹にたっぷり漕ぎ蓄えた世果報を静かにこの島に浸透させています。

注 船の中に浸水した海水は行事のあとは神様が持ってきた世果報、あるいはユといい、大事なものとされます。

とぅしぬゆーからゆーくい(西表島の節二日目)

0926
節、世乞いの朝。

092601
トシヌユーの昨晩、中柱や水道の蛇口、カヌーや車に巻き付けたシチカッツァー。
そして屋敷にまき浄め、玄関前に結界の為に並べたザラングー。

0926026時半の二番銅羅でスリズに集合し、旗頭起こし。
なのに突然の大雨。一旦退避。

さあ、ユークイ!
グッドアウトドア勢、全員カッコいいでしょう?
楽しみます!!  092603

西表島の節一日目(むらんぐとぅ)

0925010925
明日の世乞い儀式の舞台となる前泊浜のサンシキ設営が朝から進められています。
明日は、この舞台を船元の御座と呼び、サンシキの上にはミルク神、神司のチカアッパーやチヂピ、女性や子どもが座ります。
男は一日浜です。笑

092502明日の前乗りの大役を前に、海に潜り、船漕ぎの目印を設置してきた青年部長まさし。

嬉しそうに帰って来たその手には大きなタコ!

この後のサンシキ完成のブガリノーシでいただけるかも?  092503

西表島の山作業(バラピの切出し)

092401

0924
国重要無形文化財、節の伝統的ご馳走に欠かせないバラピ(ヒカゲヘゴ)を採りに山に入ってます。
美味しく育っているものを見分けるのが難しい。
島の先輩は外を見て、中を想像するそうですが、サッパリ。

092402

それにしても、この断面の模様。面白い!
今から皮剥きです。

092403

バラピ、皮剥き作業。
下手なのではかどらないです。

092404
硬い…
手が一瞬でマメだらけに。

今度は牛汁炊く為の薪割り。
マメがー!
因みに薪は、台風などで倒れた木麻黄を切り出して使います。

092405