月別アーカイブ: 2013年10月

透明 i-phone

102804

巷ではスケルトンならぬ透明スマホまで登場したそうな。
ただし、チャイナクオリティー。
夢のある話だ。
でもそういう感じなら僕も負けてません。

102802

俺の iphone5s は、沖縄の海の色だけ透過しますねん。

102803

ほら。もいっちょ!
波の色もう少し白かったらな~

嘉藤さんのロープワーク講座

1027

昨晩は、北海道の嘉藤さんにロープワーク講座を開いていただきました。
全部で20種類弱の様々な用途、用途にあった結び方。
山をやってたアンチャンは別にしても、カズキチにはかなり新鮮な内容だったようです。
やっていただいてよかった。
でも、嘉藤さんの言うとおり、大事なのは頭で覚えることでなく、手が覚えること。
現場でさくっと結ぶ為には迅速が大事。
そのためには練習ですね。
これから長い冬のオフシーズン。
時間だけはたっぷりあるはず?

SUPの可能性調査&フィールド調査

102601
(実際のツアーではライフジャケットを着用していただきます。)

今日はSUPの可能性調査。
移動手段としてのSUP、道具としてのSUPを確認する為に、やや強い風の残る中、手ごろなマングローブに行ってきました。
ここのところ、SUPでよく遊んでいるアンチャンだけでなく、カズキチも意外にスイスイ。漕ぐスピードはなかなかのものです。
そしてカズキチはSUPでのキャスティングにも挑戦。
分かったこと。
風のある中でのSUPでは、マングローブは狭すぎてルアーが投げにくい。
すぐに流されて、あわててパドルで漕ぐ為に、持っているロッドをパドルに交換せねばならない。
目の位置が高い為、魚を見つけやすいが、逆に相手にも見つけられるので、魚が海より敏感な川ではカヤックより断然不利。
風の中ではシーカヤックが断然有利。
ま、そりゃあそうですね。

102602

そのままフィールド調査に移行です。
川を上がります。
なかなかいい沢で、夏にはエビ祭りが開催できそうです。

102603

滝が見えました。
これが3人には初見!
にしてもけっこうな岩場を越えてきました。

102604

これだけ島に雨が降っていない中、この水量。
いい季節なら見事そうです。
高さとも申し分なし。
ただし、滝壺がありません。
う~ん、そこだけは残念!!!

102606

それでも、滝が広い岩盤に落ちているおかげで、修行にはもってこいです。
しかし、今日の最高気温25度。
まじ、寒い!!

102607

滝上からは海が見えました。
しかもそこも平たく広い岩盤でお昼を取るにはよさそうです。
ただ、どうかな~
ツアーで使うには物足らないなあ・・・。
どんなふうに利用できるか、ちょっと検討が必要です。

102608

さて、この日、僕が一番心惹かれたもの。
滝上の沢に沢山生えていたミツデヘラシダ。
沈水化してます。
この仲間をミクロソリウムと言って、水槽で水草を愛でるアクアリウムでよく用いられるようですが、好きな人はこれ見て、ギャーって言うんでしょうねw

http://ja.wikipedia.org/wiki/ヌカボシクリハラン属

波兎

1026

青い海が戻ってきました!
が、まだまだ風が強く、上原航路は当然欠航。
鳩間島方向にはウサギがいっぱい跳んでいます。
オカから見る波兎。
安全な場所からなら、笑顔で言える。
きれいだ~
(この波が立ってる海は実際は危ないのです)

i-phoneに変えました。

102801

windowsphoneのタッチパネルがいよいよ反応しなくなってしまって、電話すら出れない、かけられないということが続いていたので、ここが潮時!と機種変。

バッテリー長持ちアクオスフォンと悩んだ末、スタッフが
皆 iphone ということから、共通のものを持つ利便性を考えて、5sを購入。
ゴールドは4週間待ちと聞いていたが、2週間で手に入った。
ギラギラを期待していただけに、思ったより落ち着いた色でやや残念。

本命ケースは防水、耐ショック機能が折り紙つきのLif
eProof だったのだが、5s用がまだ発売されておらず(5用ではフラッシュ機能が落ちるし、指紋認証が効かない)、それはしばらく待つことにして当面はこれ。

金色に輝く砂浜と静かな青い海。
沖縄らしいデザインのまとまりになって大満足。
でもしばらくは防水バッグに入れてツアーに行かなきゃ。

V.I.C. 漁サン言うな、便サンや!!

1024

年間、300日以上海でも山でも使用のこいつ。
愛用の便所サンダル、10足あった最後の一足が、摩耗し、千切れかかり、瀕死状態だったので、ついにまた10足注文することになった。
新しいのも、やや濃い色ながら、全く同じシリーズ。
早速履いてみると、すごく軟らかくてグリップが効き、履き心地抜群。
この包み込むような安心感が何とも言えない。
新品ってこんなんやったっけ?
最後の一足、大事に履きすぎて、余程酷くなるまで使用してしまっていたようだ。
これからは半年に一足ぐらいの頻度で交換しよう。

よく行く洞窟

102201

昨日の洞窟。
そうね。
洞窟もそう悪くない。

102202

まあ、蝙蝠も永らく住んでいないようだし、ツアーで環境を破壊する懸念はないかな。

102203

しかし、いかんせん、僕には天井が低すぎる・・・・。
最後は四つん這いで脱出・・・・。
それは洞窟に棲む蟲のごとく。
でっかい体は不便だな~w

洞窟探検でヤシガニ~

遊びに来ている北海道の嘉藤さんと洞窟行ってきました。
ちょっと海側の洞窟で・・・・

102102

拾いました。
久々のビッグサイズに嬉々として捕獲w
まだヤシガニ食べたことのないスタッフばかりなので、今日は持って帰ります。

102101

洞窟探検が終わるまでこのままの姿で木に括り付けておくことにしました。
ごめんね~。

とは言え、意外とゆるく括っているので、逃げられるかも。
その時はその時でしょう。
そんなに僕自身は執着はしていません。

実は売り切れてなかった黒糖

1018

9月半ばに島から売り切れてしまった西表島黒糖。
某所で見つけました!
パッケージはお土産用にそれらしく過剰包装w
黒糖の切り方も正確な賽の目ではなく、沖縄らしさを求め、てーげーにw
でも味はまごうことなき、西表島黒糖そのものです。
大量購入で次の新黒糖までのつなぎはばっちり!

ダイスケ~
ようやく手に入れたから送るわ~
カフェに持ってけ。
店長を驚かせろ~